ここから本文です

カネさえあればネイマールは獲得可能? 代理人「解除金234億円を支払うつもりのクラブが3つある」

theWORLD(ザ・ワールド) 6/18(土) 12:00配信

金満クラブが関心か

途方もなく素晴らしいプレイヤーには、いつの時代も多くの誘いがあるものだ。スペインの名門バルセロナに所属するネイマールも、おそらくはその中のひとりだと言えるだろう。24歳の技巧派ドリブラーの代理人を務めるワグネル・リベイロ氏が、ネイマールに向けられる“熱い視線”について言及した。

かねてよりバルセロナは、2013年に獲得したばかりのこの人気者との契約延長に必死だと報じられているが、いまだに両者は合意に達していない。もちろんその事が直接的にネイマールの退団を促すものとはならないが、リベイロ氏は多くのバルセロニスタを不安がらせる言葉を『Radio Jovem Pan』に向けて発している。

「現時点で、ネイマールとのサインを望んでいるメガクラブが3つある。彼らはバルセロナに解除金の2億ユーロ(約234億円)を支払うつもりだ。でもこれ以上のことは話せない。ナイーブなテーマだからね」

以前よりレアル・マドリードやマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、そしてパリ・サンジェルマンといった金満クラブが、ネイマールへの関心を報じられている。言うまでもなく、仮にこの莫大な解除金が支払われた場合は、サッカー史上最も大金の動く移籍となるだろう。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6/18(土) 12:00

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報