ここから本文です

2戦勝利なしで追い込まれたスウェーデン、指揮官はエースへの信頼失わず「必要なときにやってくれる」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月18日(土)16時33分配信

最終戦で爆発なるか

いまだ勝利を得られていないスウェーデンだが、エリック・ハムレン監督はエースへの信頼は失っていないようだ。

17日、EURO2016グループE第2節でイタリアと対戦したスウェーデンは終了間際のゴールで敗れている。突破はやや厳しくなっており、頼みの綱であるズラタン・イブラヒモビッチもいまだノーゴールだ。それでもハムレン監督はイブラヒモビッチを擁護している。英『sky SPORTS』が伝えた。

「彼は必要なときに仕事をやってくれる。彼にとって今日はタフな日だった。イタリアの守備は非常によかったからね。でもアイルランド戦よりはボールを持てていた。もちろんもっとセンターフォワードにサポートが必要だけど、イブラヒモビッチは私が見てきた中で最高のFWだ」

続けて「我々は良いプレイをしたと思う。守備もよかったしね。ただ試合の最後に少し集中力を失ってしまったんだ。選手たちは懸命に戦っていたし、このような結果には値しない。ゴールを奪えればもっとハッピーだったんだけどね。でもベストは尽くした」

逆転突破に向けて、イブラヒモビッチの爆発が不可欠なスウェーデン。最終戦はベルギーという強敵だが、王はフランスの地で躍動するのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月18日(土)16時33分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]