ここから本文です

【MLB】岩隈久志、レッドソックスに初勝利 指揮官「我々には必須の働きだった」と絶賛

Full-Count 6月18日(土)15時17分配信

鬼門フェンウェイパークで7回9安打4失点の力投

 17日(日本時間18日)敵地でのレッドソックス戦に先発し、今季6勝目(5敗)を挙げたマリナーズ岩隈久志投手。打線の大量援護を受けながら4失点したものの、92球で7回を投げ終え、働きづめだった救援陣に休養を与えることに成功。チームは8-4で危なげなく勝利を収めた。

ダル、岩隈、田中…ここ2年でMLBで先発した主な日本人投手の成績比較

 序盤にグティエレスの2打席連続弾などで7点を奪ったマリナーズ打線。岩隈は4回にオルティスの通算521号2ラン、7回無死二、三塁から犠飛2本で2失点したが、試合を通じてストライクゾーンを攻める姿勢を失わなかった。これまでレッドソックス戦には4試合で先発しているが、意外にも今回が初勝利。ア・リーグで未勝利はレイズだけとなった。

 敵地フェンウェイパークでは、過去2度先発しながらも合わせて8イニングしか持たず、防御率は6.75と相性がよくなかった。地元紙「タコマ・ニューストリビューン」電子版によれば、試合後、鬼門の地での投球について聞かれた岩隈は「自分にとって、ここは投げるのがとてもタフな球場。アウェイ感が非常に大きいし、雰囲気が違う。ファンも一体になって攻めてくる感じ。簡単な場所ではない」と通訳を介して語ったという。

ストライクゾーンを積極的に攻め、5試合連続7回以上&1四球以下

 この日の岩隈は積極的にストライクゾーンを攻める投球を見せ、鬼門のフェンウェイパークでも大崩れすることはなかった。地元紙「シアトル・タイムズ」電子版によれば、「フォームのバランスがかなりよくなった」と話す岩隈だが、好投の最大の要因として「ストライクゾーンを積極的に攻めて、ファーストストライクを取ることができた。コーナーを攻める投球ではなく、積極的に攻める投球ができたこと」と通訳を介して明かしたそうだ。

 直前のレイズ3連戦では、初戦に先発したウォーカーが4回途中、2戦目のカーンズが5回、3戦目のパックストンガ6回しか持たず、救援陣が大車輪の働きをした。それだけに、この日岩隈が7回を投げたことで、救援陣は小休止を入れることができた。サービス監督は「クマはよく投げてくれた。(7回を投げたことは)我々には必須の働きだった」とベテランの力投に感謝したという。

 これで7回以上を投げて1四球以下に抑える岩隈らしい登板を、5試合連続で披露することができた。いずれの試合も3?4失点しているが、エース右腕ヘルナンデスを欠く先発ローテでは柱的存在。自身2連勝で今季初めて白星先行したベテランが、ここから本領発揮の夏を迎える。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月18日(土)15時17分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。