ここから本文です

モウリーニョが“マンUのジョン・テリー“見つけた 来季飛躍が期待される意外な選手とは

theWORLD(ザ・ワールド) 6/18(土) 20:18配信

今季は出番も少なかったが……

マンチェスター・ユナイテッドの指揮官に就任したジョゼ・モウリーニョは、これまでのキャリアで守備の堅いチームを作り上げてきた。モウリーニョのキャリアを振り返っても、チェルシー、インテルと堅守を軸に戦っていたのが印象的だ。

そのモウリーニョがマンUで期待をかけているのが、意外にもフィル・ジョーンズだ。今季ジョーンズは怪我に苦しみ、ほとんど出場機会がなかった。ルイ・ファン・ハールの下ではクリス・スモーリングとダレイ・ブリントの2人がセンターバックを務めることが多く、イングランド代表でも主力となったスモーリングとジョーンズの間には大きな差ができてしまったようにも感じられる。

しかし英『Daily Mirror』は、モウリーニョがジョーンズをマンUのジョン・テリーになれると確信していると伝えた。モウリーニョはすでにジョーンズと話し合いの場を持ったと言われており、センターバックとして構想に入っていることを保証されたという。

ただし、当然ながら競争は避けられない。マンUはすでにビジャレアルからエリック・バイリーを獲得しており、プレシーズンでしっかりアピールしなければ定位置を確保することはできないだろう。それでもモウリーニョがジョーンズのポテンシャルを信頼しているのは確かで、来季にはテリーのようなイングランドを代表するセンターバックへと飛躍を遂げるかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6/18(土) 20:18

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]