ここから本文です

W杯13試合で16得点に関与の男がEUROでは6試合ノーゴール 世界屈指の得点感覚を持つはずだが……

theWORLD(ザ・ワールド) 6/18(土) 21:00配信

優勝には爆発が不可欠

ワールドカップで得点王にも輝いた選手がEUROではまるで輝けない。そんなことが本当に起こり得るのだろうか。少なくともドイツ代表FWトーマス・ミュラーの身には現実に今起こっている。

数々のメジャー大会でゴールを挙げてきたミュラー。2010年のワールドカップでは得点王、2014年のワールドカップでは5ゴール。ワールドカップだけに限定すればその成績は13試合で10ゴール6アシストと並外れたものになっている。また、UCL決勝でもゴールを挙げた経験のあるミュラーは一般的に勝負強い印象だが、ことEUROとなると全く輝けない。

2012年の前回大会からEUROには主力選手として出場しているが、ここまで6試合に出場し、得点には一度も絡んでいない。それどころかパフォーマンスも振るわず、この6試合の評価はすべて及第点止まりといったところだ。強豪や格下相手にもバランスよく点を奪いパフォーマンスは比較的安定しているだけに意外な印象である。

その影響からかドイツ代表は4年前も準決勝で敗退しており、今大会もいまひとつピリッとしない状況だ。ドイツ代表が96年以来の優勝を果たすためにはこの男の奮起が必要だろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6/18(土) 21:00

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。