ここから本文です

中日・平田が勝負強い打撃で勝ち越しタイムリー

Full-Count 6/18(土) 17:22配信

初回には先制ソロ

 中日の平田良介外野手が、18日の日本ハム戦(ナゴヤドーム)で勝ち越しタイムリーを放った。

 同点の6回、荒木の四球と二盗で作った無死二塁のチャンス。3番のバットが火を噴いた。2ボール2ストライクから、左腕・吉川の直球を中前適時打とした。

 初回2死では先制10号ソロ。17日にも決勝適時二塁打を放っている。左足を痛めて16日のロッテ戦を欠場したが、これで復帰後は6打数3安打3打点。勝負強さが際立っている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/18(土) 17:22

Full-Count

なぜ今? 首相主導の働き方改革