ここから本文です

【MLB】イチロー伝説は強肩から始まった 米メディアが初レーザーの衝撃を回顧

Full-Count 6月18日(土)18時38分配信

デビュー当時「保守的な」米球界をレーザービームで黙らせた

 15日(日本時間16日)敵地でのパドレス戦で日米通算4257安打とし、ピート・ローズの持つ歴代最多安打数(4256本)を抜いたマーリンズのイチロー外野手。17日(同18日)ロッキーズ戦では代打出場してセンター前安打を放ち、メジャー通算安打を2980本に伸ばし、次なる金字塔の3000本安打まで残り「20」とした。

イチロー、安打ではメジャーで何番目? MLB歴代通算安打数ランキング

 最近では「ローズ超え」や「メジャー通算3000安打」と打撃成績ばかり注目されるが、イチローといえば走攻守三拍子そろった選手。米テレビ局「CBSニューヨーク」公式サイトでは、「イチローはMLB安打王ではないが、それでもレジェンド」と題した特集記事で、2001年にメジャーデビューを果たした当時のレジェンドの姿を振り返っている。

 10年連続200本安打の達成や、2004年にはシーズン262安打を放ってメジャー新記録を樹立するなど、今現在、16年のメジャー生活でイチローが残した功績を疑う者は誰もいない。だが、2001年当時「野球界は常識を覆したり外部者を褒めたりすることをためらう保守的な場所」で、懐疑的な見方を示す向きが多かったという。

 そんな周囲の声を黙らせたのは、実はバットではなく、代名詞ともなった「レーザービーム」と呼ばれる強肩を生かした好送球だった、と記事は続ける。「まだメジャーデビューから10戦にも満たない」2001年4月11日の敵地アスレチックス戦でのこと。ラモン・ヘルナンデスの右前打を捕球すると、間髪入れることなく三塁へパーフェクト送球をし、一塁走者テレンス・ロングを刺したプレーは、今でも語り草になっている。

安打王はローズでも「イチローの偉大さは否定できない」

 この「レーザービーム」初お目見えの瞬間は、「ロングは楽々セーフになると思った。(中略)どういうわけだか、イチローは誰も見たことがないような強肩でロングを刺した」と、何が起きたのか分からない狐につままれたような衝撃だった、と、当時の様子を振り返っている。

 記事では「この腕のひと振りで、ロベルト・クレメンテ、デーブ・パーカー、ドワイト・エバンス、ブラディミール・ゲレーロ、ジェシー・バーフィールド、ホセ・ギーエン、ヨエニス・セスペデスといった過去55年を代表する名外野手の仲間入りをした」と指摘。「突如、部外者ではなくなった。突如、史上に残る名選手への道を歩み始めた」と、伝説に続く道は、打撃でも走塁でもなく、守備から始まったとしている。

 ここから「レベルの高い女子ソフトボール選手のように見えるであろう斬るような打撃スタイル」での積み重ねる安打、2007年オールスターでランニングホームランを放った時に見せた「空気を切り裂くような快足」を披露しつつ、ローズを超える日米通算4257安打という数字に達したイチロー。記事では「それでもローズが安打王」としながらも、「イチローの偉大さは否定できるものではないし、目を見張るような功績は称賛に値する。ローズを王座から追い出せなくても」と日本が誇るレジェンドに大きな賛辞を送った。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月18日(土)19時8分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報