ここから本文です

パ・リーグもメジャーも進める海外進出

Full-Count 6月18日(土)20時2分配信

台湾ではパ主催試合を年間260試合以上生中継

 パ・リーグはここ数年、積極的なプロモーションを仕掛け、台湾での日本プロ野球認知拡大を図っている。最近では、台湾・台北で5月20日から23日に行われた台北国際観光博覧会(TTE)に出展し、日本の球場への来場を呼びかける活動を実施した。

日本人最高は? 衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 パ・リーグ6球団とパシフィックリーグマーケティングは、FOXスポーツ台湾と2016年から3年間に渡る放映権契約を結んだ。そのため台湾ではパ・リーグ主催試合が年間260試合以上、1週間に換算すると10試合以上が、FOXスポーツでライブ放映されている。先日私も台湾へ足を運んだ際には、野球の試合が身近な存在として扱われていた印象を受けた。実際、テレビではパ・リーグの試合が生中継されていたが、同時にメジャーリーグの試合も豊富に放映されていた。

 パ・リーグは台湾をはじめ海外への進出を図り、プロ野球としてもビジネスの拡大を目指しているが、その先を行くのがメジャーだろう。20年前はNPBと売り上げがさほど変わらなかったという数字もあるが、現在ではその差は何倍にも広がってしまった。

 メジャーのリーグビジネス確立が、間違いなくその理由の1つに来るだろうが、常に将来を見据えた海外への展開もその大きな要因となっているだろう。メジャーは今や233の国と地域で試合が放映されており、今季開幕時点では25人枠とインアクティブリスト(故障者リスト、リストリクテッドリスト)に入っている選手864人のうち、238人が外国人選手だった。その出身国・地域は18に及び、27.5%がアメリカ国外生まれの選手だった。

一歩先を行くメジャーの海外進出策 南アにアカデミーを設立

 今年5月、残念ながらジカ熱の影響で中止となってしまったが、マイアミ・マーリンズとピッツバーグ・パイレーツの試合はプエルトリコで開催予定だった。プエルトリコは厳密に言えば、アメリカ合衆国の自治連邦区であるため海外とはならないが、メジャーは毎年のように海外でオープン戦や公式戦の開催を試みており、将来的な国外での球団数拡大、国際ドラフトの導入など、世界への発展が常に話題として上がっている。

 また、メジャー主催で2006年にワールドベースボールクラシック(WBC)が始まったのは、メジャーの国際化をさらに進める意味があることはすでに認識されているが、2017年大会では予選から過去最多の国数が競い合い、本戦出場を目指した戦いを繰り広げている。

 南アフリカのような国がWBCという野球の世界大会に顔を出す要因を作ったのは、メジャーの海外進出の努力によるものだろう。2011年、メジャーは南アフリカのケープタウンにアカデミーを創設。このアカデミーはアフリカ大陸中から選手をスカウトし、選手はメジャー組織で指導をするコーチたちの下で野球を学ぶだけでなく、トレーニングや栄養学について学ぶ時間も設けられている。そして、2012年には選手育成だけでなく、指導者向けのカンファレンスも開始した。「野球不毛の地」から選手を発掘するだけでなく、国全体の野球の底辺拡大と発展をサポートしている。

1/2ページ

最終更新:6月18日(土)20時13分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報