ここから本文です

ロッテ、交流戦勝率1位へ望みつなぐ7連勝 伊東監督「いい流れできている」

Full-Count 6月18日(土)21時15分配信

巨人に連勝

 交流戦勝率1位へ――。ロッテが18日の巨人戦に6-2で勝利して7連勝。ロッテが19日の最終戦に望みをつないだ。ソフトバンクが阪神戦に1-0で勝ち、半ゲーム差は変わらなかったが、ロッテ伊東監督は「1試合、1試合集中した結果で、全員いい集中でいい流れできている」と振り返った。

 2回に巨人先発の小山に同点タイムリーを浴びるなど、嫌な感じの序盤戦も、5回に角中の3ランで一気に突き放し、昨年7月31日札幌ドームで日本ハムを6-3で破って以来のシーズン7連勝をマーク。セの盟主巨人相手にパの強さを見せつけた。

 この日も核弾頭が機能して、先頭細谷が左中間二塁打でデスパイネの先制打を導いた。7連勝は全て先発投手に勝ち星がついているが「ゲームを作って、中継ぎもフル回転している」と指揮官。文字通り投打がしっかりかみ合って、全員でいい流れを作っているのがロッテの強みだ。

「(交流戦だけでなく)この先に大きな試合があるが、勢いと自信を作る意味で、明日勝ちたい」

 伊東監督は、先発唐川の右腕に最後のバトンを託した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月18日(土)21時15分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]