ここから本文です

【MLB】好調イチローに米解説者絶賛「未だ全盛期」、米記者「3000本到達は7月9日」

Full-Count 6月18日(土)23時47分配信

代打で中前安打、米解説者「“安っぽいヒット”ない」

 3000安打まで残り20本と迫ったマーリンズ・イチロー外野手が今季好調の打撃を称賛されている。

イチロー、世界一の安打製造機へ MLB歴代通算安打数ランキング

 17日(日本時間18日)の本拠地ロッキーズ戦の7回に代打で出場したイチローは中前安打をマーク。2試合連続ヒットでメジャー通算2980安打とした。2番手右腕ヘルメンの投じた5球目を完璧に捉えた当たりに、この日、地元テレビ局「FOXフロリダ」で解説を務めたジェフ・コーナイン氏は「今シーズンを通じて、バットの真芯でしっかり捉える術は特筆すべきものですね。“安っぽいヒット”というのは、あまりありません。ストライクゾーン低めへのチェンジアップに対して、崩されることなくしっかり捉えています。彼は未だに全盛期、と言うべきかもしれませんね」と賛辞を贈った。

 イチローはこの直前の敵地パドレス戦で日米通算4257安打を記録。ピート・ローズのメジャー最多4256安打を上回った。この日の試合前には金字塔を祝うセレモニーが行われ、会場のファンもスタンディングオベーションで祝福。「FOXフロリダ」でもイチローの記録達成を伝える日本の新聞各紙を写真付きで紹介した。

 ここまで打率.354と好調を維持するイチローに、地元メディアは3000安打到達予想も出始めており、MLB公式サイトのマーリンズ番記者、ジョー・フリサロ氏はこの日、自身のツイッターで7月9日(日本時間10日)の本拠地レッズ戦で到達すると予想した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月18日(土)23時47分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。