ここから本文です

新コース初日トップはハミルトン、ロズベルグとフェラーリ2台に異状が発生

オートスポーツweb 6月18日(土)1時6分配信

 2016年F1第8戦ヨーロッパGPは、6月17日にフリー走行2回目が行われた。気温25度、路面温度は34度。一回目に引き続き、トップに立ったのはメルセデスのルイス・ハミルトンだった。 
 
 セッション開始から15分が過ぎたころ、それまでソフトタイヤでトロロッソのカルロス・サインツJr.がマークしていたトップタイムを、ミディアムタイヤを履くドライバーたちが更新していく。ウイリアムズのバルテリ・ボッタス、マクラーレンのフェルナンド・アロンソ、そしてメルセデスのハミルトンとニコ・ロズベルグの2台は1分45秒台と、力の差を見せつける。

バクーは“危険なコース”? GP2予選が開始1分で赤旗中断

 アロンソ、バトンともタイムの伸びは順調で、それぞれコンスタントにトップ10内の順位で推移していったが、ボッタスがスーパーソフトタイヤで2番手に浮上すると、ロズベルグが1分44秒913とトップタイムをマーク。その後、セッション開始から30分が経過したころ、アロンソ車から異音が発生。アロンソはピットインを余儀なくされる。

 そして残り1時間を切ったところでフェラーリ勢もタイムを更新。セバスチャン・ベッテルが5位に浮上するが、キミ・ライコネンのタイムは伸びないまま。そんななかハミルトンが1分44秒223をマークし、タイムシートのトップに浮上。ロズベルグに約0.7秒もの差をつけて、フリー走行2回目を制した。

 フォース・インディア勢は、セルジオ・ペレスが3位、ニコ・ヒュルケンベルグも5位に入るなど1回目に続き存在感をアピール。

 一方で元気がないのがフェラーリの2台。ベッテルは終盤にマシンをスローダウンさせ、そのままガレージへ。ライコネンもターン4のエスケープエリアでマシンを止めてしまい、マシンを降りた。それぞれ結果は8位と13位。また、ロズベルグもトラブルでマシンを止めており、バーチャル・セーフティカーの原因となっており、明日の予選に向けて不安を残す。

 1回目に続き、コース上では木の枝やビニールなどが散乱。慣れないコースとダスティな路面に手を焼き、コースオフするクルマが続出した。明日のセッションでどのように修正してくるのか、ドライバー自身の能力が問われる。

 フリー走行3回目は6月18日、日本時間の19時(現地時間14時)に開始となる。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月18日(土)1時6分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]