ここから本文です

ボッタス「F1で最も難しく楽しいコース」:ウイリアムズ ヨーロッパ金曜

オートスポーツweb 6月18日(土)12時32分配信

 2016年F1ヨーロッパGPの金曜プラクティスで、ウイリアムズのフェリペ・マッサは8位/16位、バルテリ・ボッタスは3位/4位だった。

F1最新フォトコーナー

■ウイリアムズ・マルティーニ・レーシング
フェリペ・マッサ フリー走行1=8位/2=16位
 僕にとってすごく厳しい一日だった。タイヤをうまく働かせることができなかった。今シーズンは、こんな問題を抱えたことはなかったのに。きちんと分析しなければならない。

 クルマを思うように走らせることができなかった。タイヤが作動温度領域に入らず、コースに出るたびにかなり苦労した。

 他のドライバーたちはどんどん学習して1周ごとに改善しているのに、僕だけはそれができなかった。明日を迎える前にやるべきことが山ほどある。でもデータをすべて分析して変更すべきところを変更すれば、戦える状態になるはずだ。

 ここはいいサーキットだね。もちろんすべてがうまくいっているときの方がより楽しめるけど、それでも興味深いコースであることは間違いない。いくつかのコーナーではラインを見つけるのが簡単ではない。特に低速セクションがね。

バルテリ・ボッタス フリー走行1=3位/2=4位
 面白い一日だった。このコースが大好きだ。すごく要求が高くて、高速コーナーがあって、一方でツイスティでテクニカルなエリアもあるんだ。シーズン中、最もチャレンジングなサーキットのひとつであることは間違いない。でも同時にすごく楽しい。

 今日はいい感触を持ったけれど、マシンをもっと改善し、タイヤの力をさらに引き出すことが可能だ。今週末に大きな期待を抱いている。新しいサーキットには学べることがいくらでもあるから、努力し続けるよ。それもまた楽しいんだ。

 ひとつひとつのコーナーの秘密をすべて見つけ出すのは面白い作業だ。僕からもクルマからももっとタイムを引き出せるよう努力していく。今回も素晴らしい結果を出せるチャンスがあるからね。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月18日(土)12時32分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。