ここから本文です

バクー旧市街地の石畳は、新舗装のアスファルトの下で保護

オートスポーツweb 6月18日(土)15時48分配信

 F1ヨーロッパGPの舞台バクー・シティ・サーキットを監修したヘルマン・ティルケが、コースの一部は石畳の上にアスファルトを敷き詰めていると明かした。

バクー市街地を、ぐるっと歩く

 市街地コースのバクー・シティ・サーキットは、一般道を利用して造られたサーキットだが、コースにあたる部分は、すべて再舗装されている。しかし8コーナーから16コーナーまでの山側区間は、旧市街地を通るレイアウトになっており、コースの一部には石畳が敷き詰められていた。

 そのためコース変更も検討されたが、FIAは主催者側と話し合い、石畳の上にアスファルトを敷くことで、旧市街地を含むレイアウトを維持することで合意した。

 ティルケによれば、石畳だった場所は8~10コーナーと、15~16コーナーの2カ所。その部分の施工方法は、次のとおりである。

1:石畳の上にジオテキスタイルと呼ばれる土木工事における道路・埋立地などの補強・排水などに使用される繊維シートを敷いて、石畳を保護。
2:その上に砂利を乗せて転圧し、平坦にする。
3:最後にアスファルトを敷き詰めて完成。

 1~3による上部舗装の厚さは浅いところでも30cm、深いところは約60cmあるため、石畳によるデコボコとしたバンプはなくなった。

 レース後このアスファルトは、すべて撤去される。ピットにある施設もすべて撤去されるため、バクー・シティ・サーキットのガレージやチームホスピタリティは、すべてプレハブ小屋となっている。



[オートスポーツweb ]

最終更新:6月18日(土)15時48分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。