ここから本文です

ル・マン:スタート直前の降雨によりレースはSC先導で幕開け

オートスポーツweb 6月18日(土)23時24分配信

 第84回ル・マン24時間耐久レースは現地15時にスタートが切られたが、開始直前に降り出した雨により、セーフティカースタート。その後、レース再開後にトヨタの5号車TS050ハイブリッドが一時、トップに浮上している。

 決勝が行われる18日は朝から好天に恵まれていたものの、決勝スタート直前になり雨が降りはじめたサルト・サーキット。公道区間のユノディエールなどは大きな水たまりもできてしまっており、レースはセーフティカー先導でスタートすることとなった。

 レースは定刻の15時、俳優のブラッド・ピッド氏の掛け声によってスタート。まずはコンディションが回復するまでセーフティカーランが続けられることとなった。

 セーフティカーラン中、多くのドライバーが前走車が上げる水しぶきによって、視界が遮られると無線で訴える状況。コースの一部では陽が出ている箇所も出てきたものの、開始30分間はセーフティカーランが続く。

 スタートから40分を過ぎる頃には傘をたたむ観客も増え始め、コースに日が差す場面も増えはじめる。また、コースマーシャルたちもブロワーなどでコース上の水たまりを取り除くシーンも見られるようになっていく。そして、レース開始から51分後、ついにセーフティカーのランプが消灯。8周目に実質的にレースがスタートした。

 リスタート直後、4番手を走行していた5号車トヨタTS050ハイブリッドのペースが上がらず、第1シケインまでに後方につけていたアウディの7号車、8号車に交わされ総合6番手に後退する。

 9周目、ペースが上がらず、トップの2号車ポルシェ919ハイブリッドに差を広げられていた1号車ポルシェに6号車トヨタ、7号車アウディが追いつき三つ巴のバトルに発展。その後、第2シケインの飛び込みでトヨタがアウト側から1号車ポルシェをオーバーテイクした。

 これでトップを追う形となった6号車トヨタはペースを上げると、9周目の最終コーナーでトップの2号車ポルシェも交わして、総合トップに浮上。総合2番手にはペースを取り戻したトヨタ5号車も続き、トヨタ勢がワン・ツー体制を構築したが、ピットのタイミングでアウディ・ポルシェに交わされてしまう。しかし、トップのアウディ7号車とは6号車トヨタが15秒差、5号車トヨタが25秒差に続いている。

 LMP2クラスはシグナテック・アルピーヌの36号車アルピーヌA460・ニッサンがトップ。LM-GTEプロクラスは91号車ポルシェ911 RSRがクラス首位となっているほか、LM-GTEアマクラスは78号車ポルシェ911 RSRが首位に立っている。 

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月18日(土)23時47分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]