ここから本文です

ハミルトンの事故で赤旗、初代ポールポジションはロズベルグ

オートスポーツweb 6月18日(土)23時19分配信

 F1ヨーロッパGP予選Q3では、ルイス・ハミルトンがクラッシュを喫して赤旗の原因となり、ニコ・ロズベルグが新コース第1号となるポールポジションを獲得した。

悔やまれるペレスのクラッシュ

 ハミルトンの事故により赤旗中断となったのち、現地時間18時04分に、残り時間2分05秒でセッションが再開。レッドブルのダニエル・リカルドが3位にジャンプアップを果たした。その直後にフェラーリのセバスチャン・ベッテルがリカルドと同タイムを記録するも、先にタイムを出したほうが優先されるため4位に。フリー走行でクラッシュしたため、ギヤボックス交換で5グリッド降格が決定しているセルジオ・ペレスが、予選2位につけた。


<予選・暫定結果>

1位 ニコ・ロズベルグ
2位 セルジオ・ペレス
3位 ダニエル・リカルド
4位 セバスチャン・ベッテル
5位 キミ・ライコネン
6位 フェリペ・マッサ
7位 ダニール・クビアト
8位 バルテリ・ボッタス
9位 マックス・フェルスタッペン
10位 ルイス・ハミルトン

11位 ロマン・グロージャン
12位 ニコ・ヒュルケンベルグ
13位 カルロス・サインツJr.
14位 フェルナンド・アロンソ
15位 エステバン・グティエレス
16位 フェリペ・ナッセ
17位 リオ・ハリアント
18位 パスカル・ウェーレイン
19位 ジェンソン・バトン
20位 マーカス・エリクソン
21位 ケビン・マグヌッセン
22位 ジョリオン・パーマー


[オートスポーツweb ]

最終更新:6月19日(日)1時13分

オートスポーツweb