ここから本文です

加湿器殺菌剤のオキシー社元代表の勾留状棄却

ハンギョレ新聞 6月18日(土)6時10分配信

今月末に検察の捜査終わる見込み 裁判所「勾留の理由と必要性を認められない」 副作用がある加湿器殺菌剤を販売し続けた疑

 オキシー・レキット・ベンキーザー・ジャパンのジョン・リー元代表に対する勾留状が17日棄却された。

 ソウル中央地裁チョ・ウィヨン令状担当部長判事は、前日ジョン・リー元代表に対する勾留前被疑者尋問(令状実質審査)を行い、「現在までに収集された証拠資料による犯罪容疑の疏明の程度と具体的な事実関係の争いの余地などから、勾留の理由と必要性が認められない」として令状を棄却した。

 韓国系アメリカ人のジョン・リー元代表は、オキシー社元代表のシン・ヒョンウ氏が代表職を退いた後、2005年から2010年までのオキシー社の代表を務めた。現在はグーグル・コリア代表を務めている。

 ジョン・リー元代表は、有害性の原料物質であるポリヘキサメチレングアニジン(PHMG)を原料にした加湿器殺菌剤の副作用が明らかになったにもかかわらず、製品を販売し続け、多数の死傷者を出した疑いがもたれている。加湿器殺菌剤に「子供に安心」と表示するなど、虚偽の広告を行った疑いもある。

 オキシー社の別の外国人役員として検察の捜査対象になっているカラブ・ジェイン前代表は、現在、検察の召喚に応じていない。

 一方、ソウル中央地検特別捜査チーム(チーム長イ・チョルヒ)は同日、オキシー社に殺菌剤の原料供給および委託製造業者のCDIの代表イ氏とハンビット化学代表チョン氏にも、業務上過失致死と過失致傷の疑いで勾留状を請求した。

 検察は今月末ごろ加湿器殺菌剤被害事件の捜査を終える計画だ。環境保健センターは、「公務員に対する捜査を行わず、外国人幹部に対する捜査も徹底しないまま捜査を中断してはならない」と主張した。

チェ・ヒョンジュン記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

最終更新:6月18日(土)6時10分

ハンギョレ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。