ここから本文です

ヤンキース田中、8回1失点で4勝目 今季最多110球の力投

ベースボールキング 6/18(土) 12:52配信

● ツインズ 2 - 8 ヤンキース ○
<現地時間6月17日 ターゲット・フィールド>

 ヤンキースの田中将大が17日(日本時間18日)、敵地でのツインズ戦に中5日で先発し、8回1失点の好投で4勝目(2敗)を挙げた。

 この日は初回から打線が爆発。1番エルズベリー、2番レフスナイダーの連打でいきなり先制点を挙げると、3番ベルトランも17号2ランで続き3人で3得点。さらに7番グレゴリアスの適時内野安打で4-0とした。

 打線の援護を受けた田中は、その裏をしっかり零封。だが2回、先頭からの連打で無死二、三塁とされたあと、内野ゴロの間に失点。それでも8番スズキを空振り三振、9番バクストンを一邪飛に仕留め、2点目は与えなかった。

 ヤンキース打線は3回以降も得点を重ね、4回までに8得点。大量援護を得た田中は3回以降は得点を許さず、ツインズ打線から凡打の山を築いた。

 8回は再び一死から連打を許したが、3番グロスマンを左飛、4番ドジャーを三振に仕留め得点を許さず。田中は今季最多となる110球を投げ、8回を7安打5奪三振無四死球の好投。防御率を2.91へ良化させた。

 ヤンキースは投打が噛み合い敵地で2連勝。勝率5割復帰へあと1勝とした。

BASEBALL KING

最終更新:6/18(土) 12:59

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。