ここから本文です

小松産トマトふんだんに サークルKサンクス考案、市長らうどん試食

北國新聞社 6/18(土) 3:20配信

 サークルKサンクスは、出荷最盛期の小松産トマトを使って「冷(ひや)し小松うどん」「厚切りトマトのビーフバーガー」「ナポリタン&カレーピラフ」を考案した。17日は小松市役所で試食会が開かれ、和田慎司市長ら関係者15人がうどんを味見し、ヒットを願った。

 「冷し小松うどん」は小松うどんに、小松産トマトと豚しゃぶ、水菜などを乗せ、さっぱりとした品に仕上げた。ビーフバーガーには小松産トマトの分厚いスライスを挟み、ナポリタンにはソースとしてトマトを使用した。

 「冷し小松うどん」「ナポリタン&カレーピラフ」は各450円(税込み)、「厚切りトマトのビーフバーガー」は330円(同)で、27日まで北陸三県のサークルKサンクス362店舗で販売される。合わせて、小松市が製造するミネラルウオーター「白山水流」も小松、加賀、能美の店頭に並ぶ。

北國新聞社

最終更新:6/18(土) 3:20

北國新聞社