ここから本文です

スペイン、モラタ2発などでトルコに完勝…2連勝でグループ突破決定

SOCCER KING 6月18日(土)5時51分配信

 ユーロ2016・グループステージ第2節が17日に行われ、グループDでスペイン代表とトルコ代表が対戦した。

 初戦はチェコの堅守に苦しみながらも、DFジェラール・ピケの決勝ゴールで勝利を収めたスペイン。史上初の3連覇に向けて好スタートを切った。今試合で2連勝を収めると、決勝トーナメント進出が決まる。対してトルコは、クロアチアに競り負けて初戦を落とした。グループステージ突破へ白星が欲しい今試合では、スペイン戦52年ぶりの勝利を狙う。

 スペインは初戦から先発メンバーに変更なし。キャプテンのDFセルヒオ・ラモス、MFアンドレス・イニエスタ、FWアルバロ・モラタらが名を連ねた。対してトルコは初戦から1名変更。FWチェンク・トスンに代えてFWブラク・ユルマズがスタメン入り。キャプテンのMFアルダ・トゥラン、MFハカン・チャルハノールらも入った。

 試合はスペインが優位に進める。6分、ペナルティエリア前右からモラタが右足ミドルシュートで狙うが、GKヴォルカン・ババジャンに弾かれる。11分には、ジョルディ・アルバが左サイド突破からクロス。ニアサイドに飛び出したモラタが合わせるが、シュートは左ポストをかすめた。12分にも、左CKでダビド・シルバのボールから、中央に走り込んだピケが頭で叩きつけるが、シュートは枠を捉えられない。一方のトルコは27分、エリア前左のFKでチャルハノールが右足で直接狙うが、シュートはわずかにクロスバー上に外れた。

 34分、スペインの先制で試合が動く。ノリートが左サイドからクロスを供給。中央でフリーとなったモラタが頭でゴール右隅に流し込んだ。さらに37分、ノリート、モラタと繋いでエリア前のセスクが前線に浮き球パス。相手DFが頭で触るが、エリア内中央に走り込んだノリートがこぼれ球をダイレクトで押し込んで、追加点を挙げた。前半はスペインの2点リードで折り返す。

 反撃したいトルコはチャルハノールに代えてヌリ・シャヒンを投入し、後半を迎える。だが、立ち上がりの48分、スペインがリードを3点に広げる。イニエスタのスルーパスで、アルバがエリア内左に抜け出し、ゴール前で横パス。走り込んでいたモラタが流し込んでゴールネットを揺らした。

 3点差がついたことで、試合は激しさを失い、低調な展開が続く。トルコは62分、MFオウサン・オズヤクプに代えてMFオルジャイ・シャハンを投入。スペインも64分にシルバを下げてMFブルーノ・ソリアーノをピッチに送り出す。さらにトルコは70分、MFセルチュク・イナンに代えてMFユヌス・マッリを投入。スペインは71分にセスクを下げてコケを、81分にはアルバに代えてセサル・アスピリクエタを入れた。

 試合はこのままタイムアップを迎え、スペインが3-0の完勝。2連勝でグループステージ突破を決めた。一方のトルコは2連敗。それでも最終節のチェコとの直接対決の結果次第で決勝トーナメント進出の可能性を残している。次節、スペインは21日にクロアチアと、トルコは同日にチェコと対戦する。

【スコア】
スペイン代表 3-0 トルコ代表

【得点者】
1-0 34分 アルバロ・モラタ(スペイン)
2-0 37分 ノリート(スペイン)
3-0 48分 アルバロ・モラタ(スペイン)

SOCCER KING

最終更新:6月18日(土)6時31分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。