ここから本文です

冨山大輔が豪快ミドル…昨季4強の関東第一、駒澤大高を下して2年連続の全国大会へ

SOCCER KING 6月18日(土)11時40分配信

 平成28年度全国高校総合体育大会東京都大会準決勝(インターハイ予選)が18日に行われ、駒澤大学高校と関東第一高校が対戦した。

 最初のチャンスは駒澤大高。試合開始早々、ペナルティーエリア手前で西田直也のパスを受けた菊地雄介がミドルシュートを放つが、ゴール左に外れる。続けて12分にFKから、15分には小池浩然がミドルシュートで関東第一のゴールを狙うものの、得点には至らない。対する関東第一は、パスをつなぎながら攻勢に出ると、29分に篠原友哉のドリブル突破からCKを獲得。ゴール前の混戦を石島春輔が押し込んだが、ゴール右に外れた。

 その後は駒澤大高がロングボールを使いながら攻め込むが、前半をスコアレスで折り返す。後半から関東第一は負傷した石井賢哉に代わって、岩田光一朗を投入。すると、開始早々に冨山大輔が左サイドをドリブル突破し、相手を脅かす。さらに、エリア外から冨山の放った右足シュートはGKがセーブ。

 60分、左サイドを駆けあがった林健太がエリア内でシュートを放つものの、ゴールポスト直撃と関東第一がゴールに迫る。拮抗した試合が動いたのは、その直後の63分。左サイドから切り込んだ冨山がゴール正面から右足一閃。豪快なミドルシュートはゴールネットを揺らし、関東第一が先制する。

 その後は駒澤大高の猛攻に遭うが、しっかりと守り切って完封勝利。東京都は2チームが全国大会に出場できるため、準決勝で勝利を収めた関東第一が2年連続となるインターハイ出場を決めた。

【スコア】
駒澤大学高校 0-1 関東第一高校

【得点者】
0-1 63分 冨山大輔(関東第一)

SOCCER KING

最終更新:6月18日(土)23時1分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報