ここから本文です

コパ準々決勝で苦手ペルーと激突…コロンビアDF「90分間で勝利したい」

SOCCER KING 6月18日(土)6時30分配信

 コロンビア代表は、17日に行われるコパ・アメリカ センテナリオ USA 2016準々決勝でペルー代表と対戦する。

 コロンビアにとって、ペルーはコパ・アメリカで通算15回対戦し、2勝6分け7敗と大きく負け越している分の悪い相手。苦手意識があるとどうしても慎重なプレーになり、PK戦も考慮した戦いになりがちだが、DFジェイソン・ムリージョはその考えを否定している。メキシコ紙『レコルド』の電子版が伝えた。

「実際のところ、PK戦は視野に入れていない。90分間で勝利したい。それができると信じているし、ペルーの分析は十分にできている」。そう語ったムリージョは、相手のキーマンにFWパオロ・ゲレーロを挙げつつ、チーム全体への対策を立てることが不可欠だと語った。

「パオロ・ゲレーロの能力については全員が理解している。でも、相手チーム全体のポテンシャルを軽視するわけにはいかない。ペルーの長所を消すための対策は練ってきた。準備はできている」

 コロンビアとペルーの一戦は17日(日本時間18日午前9時キックオフ予定)に、ニュージャージー州イーストラザフォードのメットライフ・スタジアムで行われる。

SOCCER KING

最終更新:6月18日(土)20時27分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。