ここから本文です

チェルシーかユーヴェか、それとも…去就注目モラタ、希望年俸は約9億円

SOCCER KING 6月18日(土)17時11分配信

 複数クラブからの関心が報じられているユヴェントスのスペイン代表FWアルバロ・モラタが、新天地で週給11万5000ポンド(約1700万円)以上を受け取ることを希望していることがわかった。イギリス紙『London Evening Standard』が17日に報じている。

 昨シーズンからユヴェントスでプレーしているモラタは、買い戻しオプション行使によってレアル・マドリードへ復帰したうえで他クラブへ放出されることが有力視されている。移籍金は4000万ポンド(約59億8000万円)前後と見られ、アーセナルやチェルシー、パリ・サンジェルマンなど複数クラブからの関心が報じられている。一旦はレアル・マドリードに買い戻される立場のユヴェントスも、同選手の“再獲得”を目指していると伝えられた。

 今回の報道によると、モラタは新天地で週給11万5000ポンド(約1700万円、年俸換算で約8億8400万円)以上の金額を受け取ることを希望している。『London Evening Standard』は、同選手の求める条件がユヴェントスに二の足を踏ませていると伝えつつ、同クラブが週給10万ポンド(約1500万円)でのオファーを準備していると報じた。

 また、イタリア代表のアントニオ・コンテ監督がユーロ2016終了後に就任することが決まっているチェルシーが、モラタを補強ターゲットの最上位に据えていることも併せて報じられた。同クラブは週給9万1000ポンド(約1400万円)を用意してモラタの獲得を目指す模様だ。

 23歳のモラタは今シーズンのセリエAで34試合出場7ゴール、チャンピオンズリーグでは8試合出場2ゴールを記録した。現在、スペイン代表の一員としてユーロ2016に出場中。グループステージ2試合連続で先発出場を果たし、17日の第2節トルコ代表戦では2ゴールを挙げている。

SOCCER KING

最終更新:6月18日(土)17時11分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。