ここから本文です

14試合ぶりのゴールに男泣き…広島FW佐藤寿人「俺はまだやれるぞ」

SOCCER KING 6月18日(土)21時30分配信

 2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第16節が18日に行われ、サンフレッチェ広島はホームで浦和レッズと対戦し、4-2で逆転勝利を収めた。

 広島が3-2でリードして迎えた84分、FW佐藤寿人は相手ゴール前でパスミスを拾い、待望の今季2ゴール目をマークした。3月6日の名古屋グランパス戦でFW中山雅史(アスルクラロ沼津)の持っていたJ1最多得点記録を更新して以来13試合無得点。約3カ月ぶりの得点に佐藤は目に涙を浮かべながら「とにかく、応援してくれるみなさんと家族に感謝したいです」と、ファン・サポーター、そして家族に向けて感謝の言葉を述べた。

 今季の佐藤はここまで出場わずか6試合。直近の3試合でも出番がなく、苦しい状況に立たされていた。しかし、61分に途中出場を言い渡されてピッチ脇に登場した際には、ホームのサポーターから歓声が上がった。

「俺はまだやれるぞ」という思いを胸にピッチに立った佐藤。ゴールを決めた瞬間については、「本当にいつも、ベンチに控えている選手も含めて全員で準備をしていたので、(ゴールを決めた直後は)ベンチに控えているみんなの元へ行きたかったです」と仲間とともに喜びを爆発させたことを振り返った。

 昨年のJ1王者である広島は、すでにファーストステージの優勝を逃した。それでも上位の浦和を撃破してチームの士気は上がっている。シーズン後半戦に向けて「とにかく応援してくれているみなさんのために戦います。応援よろしくお願いします」とサポーターへ支援を求めた。

SOCCER KING

最終更新:6月18日(土)22時42分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合