ここから本文です

好調の理由は団結力! MOM選出のエデル「出番がなかったメンバーも僕を祝福してくれた」

ゲキサカ 6月18日(土)13時4分配信

[6.17 EURO E組第2節 イタリア1-0スウェーデン トゥールーズ]

 EURO2016は17日、E組のグループリーグ第2節を行い、イタリア代表がスウェーデン代表を1-0で下した。2連勝のイタリアは決勝トーナメント進出を決めた。欧州サッカー連盟(UEFA)公式サイトによると、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに決勝点のFWエデルが選出されている。

 前節ベルギー戦に続いて先発出場のエデルは0-0で迎えた後半43分に決勝点を決めた。左サイドからDFジョルジョ・キエッリーニが入れたスローインをFWシモーネ・ザザがヘッドで落とし、エデルが中央に切れ込んで右足を振り抜く。これがゴール右隅に決まり、イタリアが2連勝を飾った。

「個人的にも嬉しいけど、チームが勝てたことが嬉しい。このEUROのために僕らがどれだけ頑張り、周到に準備してきたかを知っているからね。初戦からの2試合に勝てていい気分だ。この結果を予想していなかった人もいたから、なおさらだね。でも僕らは組織がしっかりしているし、ハードワークをいとわない。ピッチ上ですべてを出し尽くし、最終的に結果も出せているよ」

 喜びを語ったエデル。得点シーンを振り返り、「難しい試合の最後に生まれたから良かった。スウェーデンのことはしっかり研究していた。そして僕らのハードワークの末に、あのゴールが生まれた」とコメントし、「インシーニェやインモービレは出番がなかったけど、僕を祝福しに来てくれた。そういうところも、僕らが非常にうまくいっている要因じゃないかな」と好調の理由を語った。

最終更新:6月18日(土)13時4分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。