ここから本文です

市船出身の両GKが活躍…端戸の3戦連続ゴールで湘南が逃げ切る

ゲキサカ 6月18日(土)21時29分配信

[6.18 J1第1ステージ第16節 湘南1-0磐田 BMWス]

 湘南ベルマーレがホームでジュビロ磐田に1-0で下した。湘南はこれで3試合負けなし(2勝1分)。磐田は3試合無得点&白星なし(1分2敗)となった。

 市立船橋高出身のGK村山智彦(湘南)と、GK志村滉(磐田)の活躍でなかなか得点が生まれない試合となったが、決勝点は前半17分に生まれた。湘南は左CKから中央のFW端戸仁がトラップし、左足でシュートを放つ。これがゴール右に吸い込まれ、先制点。磐田のMFアダイウトンを中心とした縦に早い攻撃をシャットアウトし、6試合ぶりの完封勝利をおさめた。

 3試合連続ゴールを決めた端戸は、試合後のヒーローインタビューで「チームとして狙っていた形ではなかったが、自分にボールが来た瞬間にトラップを冷静に決められたのが、いいシュートにつながった。体をひねって、ニアに打てたことが良かった」と得点シーンを振り返った。

 これで湘南は3試合負けなしとした。「最近、先制点を取れた中でいいゲームができていた。前線の選手は意識していた。その結果、チームのみんなが最後まで戦ってくれて勝ち点3を得られたのですごくうれしいです」と笑みをこぼし喜んだ。

最終更新:6月18日(土)21時29分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。