ここから本文です

宇佐美3戦連発も…19歳鎌田の2ゴールで鳥栖がG大阪に逆転勝ち

ゲキサカ 6月18日(土)21時50分配信

[6.18 J1第1S第16節 鳥栖2-1G大阪 ベアスタ]

 サガン鳥栖がホームでガンバ大阪に2-1で逆転勝ちした。鳥栖は今季初の連勝で13位に浮上。G大阪は3戦ぶりの敗戦で、敵地では連敗となった。

 鳥栖は1点ビハインドで折り返した後半6分、浮き球パスで右サイドの深い位置に抜けたFW富山貴光がマイナスに折り返すと、ゴール中央に走り込んだMF鎌田大地が右足で流し込む。さらに1分後にはFW豊田陽平が競り勝って落としたボールに鎌田が反応。エリア内をドリブルし、DFを外しと、豪快な逆転ゴールを蹴り込んだ。

 鎌田は昨季3得点を挙げた19歳だが、更なる期待が集まる今季はここまでノーゴールと“2年目のジンクス”に苦しんでいた。プロ初の1試合2得点でうっ憤を晴らした背番号24は、「何とか自分たちで流れを変えたかった。今日勝てて良かったです」と、開幕戦以来となる本拠地での勝利を喜んだ。

 G大阪は絶好調男のゴールも勝利に結びつけることが出来なかった。前半44分、FWアデミウソンのスルーパスにMF阿部浩之が反応。折り返しをFW宇佐美貴史が蹴り込み先制点を奪った。アウクスブルクへの移籍秒読みとなれる宇佐美の3戦連続弾で先手を奪ったG大阪だが、後半に逆転を許し、今季7敗目を喫してしまった。

最終更新:6月18日(土)21時50分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]