ここから本文です

痛かった憲剛不在…大久保「いたら違ったなというのはあった」

ゲキサカ 6月18日(土)22時34分配信

[6.18 J1第1ステージ第16節 福岡2-2川崎F レベスタ]

 やはり司令塔の不在が痛かった。川崎フロンターレはMF中村憲剛が腰痛のためベンチ外。開幕から15試合連続で先発してきたキャプテンが、第1ステージ優勝の懸かった大一番でメンバーから外れた。

 試合後のミックスゾーンでは「中村憲剛不在の影響はあったか?」という質問が各選手に浴びせられた。MF大島僚太は「いる人で全力を尽くすことしか考えてなかった」と言い、DF谷口彰悟は「(影響が)ない試合をしたかったけど、序盤に浮き足立ったところでリーダーシップを取る選手が少なかった。そういう声掛けは出ていたけど、ふがいない」とうなだれた。

 試合を落ち着かせるボールキープ、リーダーシップ。プレー面においても精神面においても、背番号14の不在を感じざるを得ない試合だった。中村に代わってキャプテンマークを巻いたFW大久保嘉人は「(中村は)間、間で受けてくれる。間で受けてほしいときにだれもいないというシーンもあった。いたら違ったなというのはあった」と率直に認めた。

 この試合ではDFエドゥアルドも左太腿裏を痛め、前半22分に交代するアクシデントに見舞われた。センターバックはすでにDF奈良竜樹が長期離脱中。攻守の要は果たして最終節に間に合うか……。川崎Fが正念場を迎えている。

最終更新:6月18日(土)23時4分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]