ここから本文です

GKからのロングキック1本で先制点献上、川崎F谷口「どこかに緩みが…」

ゲキサカ 6月18日(土)22時48分配信

[6.18 J1第1ステージ第16節 福岡2-2川崎F レベスタ]

 悔やんでも悔やみ切れなかった。前半9分、15分の連続失点。川崎フロンターレのDF谷口彰悟は「1失点目があっさり過ぎて、浮き足立ったところで追い打ちの2失点目。相手は割り切って攻撃をしてきていたし、それにうまいことハマってしまった」と唇をかんだ。

 勝てば鹿島の結果次第で第1ステージ優勝が決まる可能性もあった。しかも、相手は今季わずか2勝の最下位・福岡。「失礼かもしれないけど、ここは(勝ち点3を)取らないといけない試合。第1ステージの優勝争いもしていたし、情けない結果」とうなだれた。

 福岡は前半9分、GKからのロングキックをFWウェリントンが頭でそらすと、MF邦本宜裕が競ったこぼれ球をFW金森健志が蹴り込み、先制点。同15分にも中央から強引に突破し、金森が2点目を決めた。

 ウェリントンの高さと強さは十分に警戒していたはず。谷口は「どこかに緩みがあったのかもしれない。相手にはターゲットがいた。そこを起点にやられたというのは、DF陣としてはやってはいけない形。試合を崩してしまった」と自分を責めた。

最終更新:6月18日(土)23時5分

ゲキサカ