ここから本文です

【速報】宮里優作&谷原秀人が決勝進出 引き続き第3ラウンドへ

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月19日(日)3時45分配信

ペンシルベニア州のオークモントCCで開催中のメジャー第2戦「全米オープン」3日目。連日のサスペンデッドで順延されていた第2ラウンドが現地時間午後2時半過ぎに完了し、通算4アンダーのダスティン・ジョンソンが単独首位で決勝ラウンドに進出した。

激闘の様子をフォトギャラリーで 2016年「全米オープン」

1打差の2位にメジャー初出場のアンドリュー・ランドリー。さらに1打差の通算2アンダー3位タイにスコット・ビアシー、セルヒオ・ガルシア(スペイン)、グレゴリー・ボーディー(フランス)、シェーン・ローリー(アイルランド)が並んだ。

通算6オーバー、57位タイまでの67人が予選を通過。日本勢は午前7時15分の再開後、第2ラウンド18ホールを回った宮里優作が1イーグル、1バーディ、2ボギーの「69」(パー70)で回り、通算2オーバーの21位タイ。谷原秀人は「76」と崩れたが、6オーバー57位タイで決勝進出を決めた。

第3ラウンドは引き続き午後3時から行われる。

5オーバーから出た池田勇太は「76」で通算11オーバーの107位タイで予選落ち。2日目に36ホールを回った松山英樹は通算12オーバーの119位タイ、谷口徹は16オーバーの142位タイで予選落ちが決まった。松山の「全米オープン」予選落ちは4回目の出場で初めて。メジャー大会では2014年「マスターズ」以来、9戦ぶりとなった。

また、キャリアグランドスラムがかかったフィル・ミケルソンのほか、世界ランキング3位のロリー・マキロイ(北アイルランド)、同5位のリッキー・ファウラーも決勝ラウンド進出を逃した。

最終更新:6月19日(日)6時36分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]