ここから本文です

レクシー・トンプソンが大会連覇へ首位キープ 野村敏京11位に後退

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月19日(日)6時30分配信

◇米国女子◇マイヤーLPGAクラシック 3日目◇ブライズフィールドCC(ミシガン州)◇6414yd(パー71)

米国女子ツアーフォトギャラリー

レクシー・トンプソンが5バーディ、ノーボギーの「66」でプレーし、通算15アンダーとしてチョン・インジ(韓国)と並び、3日間首位をキープした。大会連覇、今季2勝目へ向け絶好の位置で最終日を迎える。

キム・セヨン(韓国)が通算14アンダーの3位。カルロタ・シガンダ(スペイン)が通算13アンダーの4位で続いた。フォン・シャンシャン(中国)が通算12アンダーの5位、世界ランク1位のリディア・コー(ニュージーランド)と、リン・シュ(中国)が通算11アンダーの6位で並んだ。

6位から出た野村敏京は4バーディ、3ボギーの「70」でプレー。通算9アンダーの11位で3日目を終えた。多くの選手がスコアを伸ばしたムービングデーだったが、終盤に崩れた。

上原彩子は通算2アンダーで53位としている。

最終更新:6月20日(月)7時11分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。