ここから本文です

【UFC】新設の女子フライ級で初の試合、コルダウッドがTKO勝ち

イーファイト 6月19日(日)13時54分配信

Zuffa
「UFC Fight Night-Macdonald vs Thompson-」
2016年6月18日(土・現地時間)カナダ・オンタリオ州オタワ TDプレース・アリーナ

▼女子フライ級 3分3R
○ジョアン・コルダウッド(スコットランド/女子ストロー級11位)
TKO 3R 2分51秒 ※レフェリーストップ
●ヴァレリー・レターノー(カナダ/女子ストロー級5位)

 UFC初の女子フライ級の試合。ストロー級のレターノーとコルダウッドの2選手が階級を上げて臨んだ。キックボクシング出身のレターノーは強打を武器にUFCデビューから3連勝を収め、昨年11月にタイトルマッチも経験した。対するコルダウッドもムエタイ出身のストライカーで、UFCでは2勝1敗の戦績を残している。

 1R、ケージ際で首相撲の攻防から、レターノーが寝技に持ち込み、下から腕十字を仕掛ける。コルダウッドがこれを外して再びスタンドの状態に。打撃戦からコルダウッドが右バックハンドブローを放つと、これをまともに食らったレターノーが倒れこむ。コルダウッドがラッシュを仕掛けるが、レターノーは下から組み付き、持ちこたえた。

 3R、コルダウッドの左の前蹴りをボディに受けたレターノーが一瞬顔をゆがめる。さらにもう一発、左の前蹴りをくらったレターノーが、お腹を押さえて後ろを向いたところに、コルダウッドはパンチの連打とバックハンドブロー。レターノーが倒れたところでレフェリーが試合を止めた。

 コルダウッドがタイトルマッチ経験者のレターノーを破り、UFC女子フライ級の歴史上、一人目の勝者に輝いた。

最終更新:6月19日(日)13時57分

イーファイト