ここから本文です

こんな父親に憧れる?アニメキャラお父さんランキングTOP5

ZUU online 6月19日(日)8時10分配信

今日6月19日は父の日だが、漠然と持っている「理想のお父さん像」はあるだろうか?モンキー・D・ドラゴン(ワンピース)のような革命家の父親、孫悟空(ドラゴンボール)のようなサイヤ人のお父さん、星海坊主(銀魂)のような宇宙最強の親父。

■「優しい」「一緒に遊んでくれる」のが憧れのお父さん

お父さんにしたいアニメキャラのランキング調査がある(SUUMO調べ、何でもランキング)。ランキングの上位を占めたのは、長寿アニメである。同率3位が2つあるが、それを含めて5位までを紹介する。

◆1位 フグ田マスオ(サザエさん) 親しみやすさと癒やしキャラ

「サザエさん」は、1969年から続く、まさに国民的アニメ。マスオさんことフグ田マスオは磯野家にあって、フグ田の性を名乗っている入り婿である。つまり磯野家とフグ田家は2世帯同居の家族である。設定では、サザエさんは24歳、マスオさんは28歳、タラちゃん3歳の若い家族だ。

マスオさんの性格は、生真面目で不器用。人に頼まれたらイヤとは言えないお人よしで心配性。親しみやすい性格で一緒に遊んでくれそうである。それに義理の父である波平には敬意をはらい、個性豊かな人々に囲まれながら、うまく人間関係が築くことができている。義父や妻に比べて、アニメの中でマスオさんはあまり怒ることがなく、温厚で癒やされる父親キャラの代表で、1位になったのもうなずける。

昭和の家族関係がよく出てくるので、年配のお父さんにとっては、懐かしい設定が多く共感を呼ぶ。
ところで、「サザエさん」と株価に相関関係があるのをご存じだろうか?大和総研が出したレポートによれば、「サザエさん」の視聴率が上がると株価が下がり、視聴率が下がると株価が上がるという法則で、相関係数は0.86と高い値になっている。

◆2位 荒岩一味(クッキングパパ) 料理の腕前と家事の能力がひかる

アニメとしては1992年に放映されていた「クッキングパパ」。漫画は1985年からスタートして、連載30年以上を越えて続く長寿漫画だ。掲載されたレシピの数は1000種類をかるく超えている。ブームになった握らないおにぎり、「おにぎらず」も1991年にクッキングパパで披露されたレシピでもあるというから、先見の明には驚きだ。

原作者の「うえやまとち」氏は、料理を作ってからストーリーの展開を書くそうで、まさに料理ありきの漫画。「クッキングパパのレシピ本」は何冊も出版されている。

2015年の「父の日」の「クッキングパパ」の料理は「オムライス」だったが、今年の料理も気になるところだ。

◆3位 野原ひろし(クレヨンしんちゃん) 普通だけど家族を愛する頼れる存在

野原ひろしは、手取りで月30万円、年収600万円のサラリーマン。恐妻家である妻のみさえの尻に敷かれるが、それによって家族の輪を保っている優しいパパである。

実は彼、最初に登場したときにはもう少し太っていたが、だんだん痩せてきて、長方形の顔が目立つような感じの作画になっていった。息子しんのすけいわく「ありきたりの顔」になったのである。

いつも貧乏くじを引くような存在だが、いざという時には、頼れるカッコイイ父親に変身する。特に映画には心が熱くなる名言や、感動する名場面も多い。たとえば、しんのすけに向かって「おまえが生まれてから、退屈しねぇよ」など。不器用だが、家族を第一に思うひろしならではの名言である。

◆3位 草壁タツオ(となりのトトロ) 子どもに理解があるお父さん

同じく3位の草壁タツオは考古学者で、大学の非常勤講師。入院中の妻・靖子に代わって、サツキとメイの面倒を見ているイクメンでもあり、「素敵なお父さん」というラブコールも多い。

特に共感を呼ぶのが、子どもに対して真摯に向き合っているところだ。トトロを目撃した4歳のメイにも、否定せずに正面からしっかりと語りかけ、仕事中でも面倒くさがらないで、キチンと対応している。子どもを見下さないで、ひとりの人間として接しているところには、頭が下がる。

うっかりサツキの弁当を忘れたりするところはご愛嬌。威厳のある父というよりは、子どもに安心感を与える守る父と言えるだろう。ちなみに、草壁タツオの声優は、糸井重里を起用している。ちょっと棒読みのところが逆に親しみを感じたのは、私だけではないはずだ。

◆5位 バカボンのパパ(天才バカボン)どんなことでも許してくれるゆるさ

バカボンのパパは、何があっても「これでいいのだ!」とゆるしてくれそうだ。彼の職業は、いったい何か?という疑問があるのだが、どうやら「無職」ということになっている。

いったいどうやって収入を得ているのか、それとも資産があるのかも不明であるが、それもこれも「これでいいのだ!」で解決してしまう。親子の事件が日々ニュースで騒がれる昨今、そんなゆるい父親がいてもいいのではないかと思ってしまう。

厳しいだけ、優しいだけが父親ではないし、理想通りになるのは難しい。父の日の今日くらいは、そんな理想は置いておいて、親子で一緒にアニメを見ながら、飾らないで話をしてみてはどうだろうか。

長尾義弘(ながお・よしひろ)
NEO企画代表。ファイナンシャル・プランナー、AFP。徳島県生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。1997年にNEO企画を設立。出版プロデューサーとして数々のベストセラーを生み出す。著書に『コワ~い保険の話』(宝島社)、『こんな保険には入るな!』(廣済堂出版)『怖い保険と年金の話』(青春出版社)『商品名で明かす今いちばん得する保険選び』『お金に困らなくなる黄金の法則』(河出書房新社)、『保険ぎらいは本当は正しい』(SBクリエイティブ)、『保険はこの5つから選びなさい』(河出書房新社発行)。監修には別冊宝島の年度版シリーズ『よい保険・悪い保険』など多数。

最終更新:6月20日(月)11時2分

ZUU online

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]