ここから本文です

韓国KEBハナ銀行 京都中央信用金庫と業務提携

聯合ニュース 6月19日(日)10時39分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国のKEBハナ銀行は19日、日本の京都中央信用金庫と業務提携を結んだと発表した。

 これに伴い、京都中央信用金庫はKEBハナ銀行の東京支店を通じ、韓国への海外送金を行う。KEBハナ銀行は京都中央信用金庫と取引をする駐韓日本中小企業に融資などさまざまな金融サービスを提供する。

 KEBハナ銀行は昨年9月に、ハナ銀行と韓国外換銀行(KEB)が合併して誕生した銀行で、韓国で資産規模が最も大きい。

 KEBハナ銀行側は「海外ネットワークを拡大し、さまざまな金融機関との積極的な提携で新たな収益源を作り出していく」と話した。

最終更新:6月19日(日)11時37分

聯合ニュース