ここから本文です

<AKB48総選挙>向井地美音ら次世代勢躍進 選抜4分の1入れ替わりで“第2章”入り裏付け

まんたんウェブ 6月19日(日)7時0分配信

 アイドルグループ「AKB48」の45枚目のシングル(発売日未定)を歌う選抜メンバーを決める「第8回AKB48選抜総選挙」が18日開票され、上位16人の選抜メンバーが確定した。今回は兒玉遥さん(HKT48兼AKB48)、向井地美音さん(AKB48)、岡田奈々さん(AKB48)、高橋朱里さん(AKB48)の4人が初めて選抜入りを果たし、4分の1の顔ぶれが入れ替わる結果となった。

【写真特集】さや姉がセクシー秘書に“変身” タイトワンピで胸元ちらり

 初の連覇を果たしたHKT48の指原莉乃さんがセンターを務める今回の選抜。トップ5は2位の渡辺麻友さん(AKB48)、3位は松井珠理奈さん(SKE48)、4位は山本彩さん(NMB48)、5位は柏木由紀(AKB48兼NGT48)だった。昨年4位で卒業した高橋みなみさんに代わり、昨年6位だった山本彩さんがトップ5入りを果たしたものの、昨年と変わらない顔ぶれが並んだ。

 一方で、16位までの選抜には大きな動きがあった。昨年17位の児玉さんが9位に入ったほか、昨年44位の向井地さんが13位、昨年29位の岡田さんが14位、昨年25位の高橋さんが15位と大きく順位を上げた。初めて選抜入りを果たした4人はいずれも“次世代”として活躍が期待されていたメンバーだ。

 向井地さんは1998年1月29日生まれの18歳。子役としてドラマ「アンフェア」などにも出演した経歴を持つ。AKB48の15期メンバーで、6月1日に発売された44枚目のシングル「翼はいらない」では初めてセンターに抜てきされるなど、各ジャンルで活躍する次世代エースだ。ジャンプアップしたことについて「AKB48は、今年11年目に入って、本格的に第2章と言われるものになりました。センターとして挑ませていただいて、総選挙で不安だった。センターと聞いて、認めてもらえるか?と不安でした。13位という順位をいただいて、やっと認めていただけたような気がします」と自信を見せた。

 今回の総選挙では、“第2章”という言葉を口にするメンバーも多かった。卒業した高橋みなみさんに代わり、横山由依さんがAKB48グループ総監督となり、今回の総選挙では、1期メンバーの小嶋陽菜さんが卒業を発表するなどグループは転機を迎えている。そんな中、今回の総選挙で“次世代”と呼ばれるメンバーが結果を残した。

1/2ページ

最終更新:7月23日(土)18時42分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。