ここから本文です

〈プロ野球〉なぜ今年は審判への抗議が多いのか?!

THE PAGE 6/20(月) 14:00配信

 審判の判定を巡ってのトラブルが続出している。

 19日の交流戦でも、ヤクルトー西武戦、中日ー日ハム戦で、ヤクルトの真中監督、中日の谷繁監督がジャッジに関して猛抗議を行う場面があった。
 真中監督が猛抗議したのは2度。1度目は、2点を追う3回無死二塁で、大引のショートゴロを一塁の山口義治塁審がアウトの判定を下した場面。テレビ映像を見る限り、セーフのタイミングに見えた。

  さらに2点を追う6回にも、また一塁でのアウト、セーフが問題になる。無死一、二塁で、中村がバント。三塁で封殺され一塁へ転送された送球もアウトとされたが、これも微妙で真中監督が猛抗議。勝敗にかかわる重要なジャッジだっただけに、試合後も真中監督の怒りは収まらず、「間違いは誰にでもあるけど、正確なジャッジをしてもらいたい。あまりにひどい。勉強して欲しい」とぶちまけた。。

  中日ー日ハム戦でも谷繁監督が3度の猛抗議。1度目は、3回二死から中島のサードゴロがセーフの判定。これも、映像をスロー再生で見ると明らかにアウト。2度目は、4回1死一塁からナニータのハーフスイングをファウルと判定されたシーン。そして3度目は、8回無死から亀沢が、セカンドゴロで一塁へヘッドスライディングしたプレーを、今度はアウトと判定された場面。谷繁監督は鬼の形相で、一塁の中村稔塁審の元へと走って、猛烈抗議、ジャッジの撤回を迫った。

「そこに関して僕が(文句を)言うと、いろいろあるんで、きょうは言いません」。試合後、谷繁監督はコメントを慎んだが、中日は試合後、球団としてすぐさまNPBに意見書を提出した。
 
 先日は、ロッテの伊東監督も、ストライク、ボールの基準が1試合を通じて揺れ動いた審判のジャッジに関して苦言を呈したが、確かに今季は審判のジャッジにかかわる抗議シーンが多い。
 
 なぜ、今季は審判トラブルが多いのか。それには、いくつか理由が考えられる。
 
 ひとつは、コリジョンルールの採用による弊害だ。あるコーチは「コリジョンルールの採用で必要以上に審判部に神経を使わせ、プレッシャーがかかっているのかもしれない。ある意味、審判部も被害者なんだ」と同情を寄せる意見を口にしていた。コリジョンの採用に伴い、本塁のクロスプレーにもリプレー検証が導入されたが、それで判定が覆るのは、審判側から見れば権威の低下を招くことになる。しかもコリジョンの適用に関してのガイドラインも、まだ徹底されていない。判断の難解なプレーが何度か生まれた。審判にとって過酷な環境が生まれたことが、他のジャッジにも、弊害をもたらしているのではないか?という見方だ。
   

1/2ページ

最終更新:6/20(月) 14:00

THE PAGE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。