ここから本文です

泣いて、笑って、笑わせて…アマ2勝逃した勝みなみ、プロ転向もお預け

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月19日(日)17時15分配信

国内女子ツアー「ニチレイレディス」最終日、史上初のアマチュア2勝目を狙った勝みなみ(17、鹿児島高3年)は通算9アンダーで2位に終わった。自身初の単独首位で最終日を迎えたが4バーディ、5ボギー「73」(パー72)とスコアを落とし、申ジエ(韓国)に逆転を許した。試合後は、真っ赤な目で「悔しいです」と声を絞り出した。

最新画像続々アップ!「ニチレイレディス」フォトギャラリー

ベストアマチュアを受賞した表彰式。普段は笑顔の勝の目に、涙があふれた。「やっぱり優勝を狙っていたので」。出だしの流れは悪くなかった。最終組で出ると、1番(パー5)でバーディ。3打目を打つ直前にギャラリーの携帯が鳴ったが、仕切り直して80cmに寄せた。2番ではグリーン奥ラフからのアプローチ。打ち切って寄せると拍手が起こった。パーをセーブし、後続と3打差にした。

近づいたはずの念願が、雑念を生んだ。「優勝、と思うと身体がついていかなかった」とショットが乱れた。バンカーからカップを約3.5mオーバーさせた5番でボギー。続く2ホールでもミスによるボギーで、初日から守り抜いてきた首位を奪われた。

後半は「苦しい中では褒めたい」と自ら及第点を与えた。10番から連続バーディ。14番でボギーとしたが、最終ホールをバーディで締めた。「最後はバーディを獲りたいと思っていた」と、納得してのホールアウトだった。

2勝目でプロへ――。そんな青写真を描いていた。「圧倒的な存在にならなきゃいけない」と自覚している。そのために早くプロになりたい、と言う。きょうは叶わなかったが「これからプロになっていく上で、こういう経験をたくさんする。きょうのことを次に生かしたい」と言い切った。その表情には笑顔が戻っていた。

人生のテーマは「爆笑」という。勝は、最後に報道陣を爆笑させた。「そう言えば、携帯!って途中で思い出した。2位には入らなきゃ、って。後半はそれを目標にしていました」と、おどけた。5位以内に入ったら調子の悪いiPhoneを買い替えるという約束を両親から取りつけていた。泣いて、笑って、笑わせて。次はきっと勝つ。(千葉市若葉区/林洋平)

最終更新:6月19日(日)18時43分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。