ここから本文です

ViViモデル、玉城ティナが自ら撮り下ろし!お気に入り画像を初出し

Movie Walker 6/19(日) 11:03配信

話題の映画に出演し、今後の活躍が期待される若手女優を“自撮り写真”と共に紹介。今回登場するのは、『貞子vs伽椰子』(公開中)でフレッシュな魅力を放っている玉城ティナ。「ViVi」専属モデルとして同世代の女子たちに絶大な人気を誇る彼女が、目の前で撮ってくれた“自撮り写真”を本人のコメントと合わせてお届けする!

【写真を見る】玉城ティナが手料理写真を公開!薬味が大好きだという彼女。みょうがやなめこなど、付け合せも凝っている!

■ マイブームの手料理PHOTOを公開!自撮り写真+Q&Aで自己PR

玉城ティナのオフショット写真3点が到着。ファーがついた大人っぽい深い赤色のドレスと、キュートな表情とのギャップがとっても魅力的だ。涼しげなそうめんは、彼女の手作り。レシピ本を見ずに料理をするのが最近のマイブームだそう。18歳ながら料理の腕前はなかなかのもの!彼女の素顔が少し垣間見れたところで、気になる内面をCHECK!

<玉城ティナの魅力に迫るQ&A>

Q1 自分をどんなタイプの人間だと思う?

「けっこう人見知りです。でも、相手にたくさん話しかけられたらグイグイ仲良くなってしまうタイプ。そこの差は激しいですね」

Q2 「ここだけは誰にも負けない!」と言える魅力はどこ?

「髪です!アメリカ人の父譲りの柔らかい髪質は、『赤ちゃんみたい』ってよく褒められます。地の色がアッシュ系なので、自分でも気に入っています」

Q3 目標としている女優や、目指していきたい女優像は?

「年を重ねるといただく役も変わってくると思うので、いくつになっても魅力を高めていけたらなと思います。女優として色んなことに挑戦したい。『貞子vs伽椰子』では怖がる側だったので、今度は逆に、誰がを怖がらせる悪女役を演じてみたいです!」

■ 映画ヒロインに大抜擢!女優・玉城ティナ、その魅力とは?

日本を代表する2大ホラーキャラクターが激突する映画『貞子vs伽椰子』(公開中)で、ヒロイン・鈴花役に大抜擢された玉城。ホラー映画のヒロインはスター女優への登竜門ともいえるが、「大切なのは、目の大きさ」と語るのは映画ライターのイソガイマサト氏だ。「彼女の大きな瞳はすごく魅力的。精神的に追い込まれて見開いた目力が、作品にうまくマッチしていた」という。

玉城の映画出演は今回で3作目。イソガイ氏は「演技経験が少ないなかでよく演じていた。特に、伽椰子の“呪いの家”で恐怖におののき絶叫する表情はすばらしかった」とも評価。「モデルで撮影を何度もこなしているから、きっと現場慣れもしているはず。他の作品ではどんな一面を見せてくれるか、今後が楽しみな女優」と太鼓判を押した。若者のファッションアイコンとして支持を集めてきた玉城が、女優として新たな階段をのぼり始めている。【取材・文/トライワークス】

最終更新:6/19(日) 11:03

Movie Walker