ここから本文です

休校前最後の文化祭 本宮の浪江高サテライト校

福島民報 6月19日(日)10時27分配信

 東京電力福島第一原発事故に伴い、福島県本宮市の本宮高敷地内にサテライト校を設けている浪江高の公開文化祭「青浪祭」は18日、同校で開かれた。来年3月の休校を控え、3年生14人が思い出を胸に刻んだ。
 ヨーヨー釣りや射的など夏祭りを模したクラス企画、生徒有志のバンドコンサート、サテライト校での体験を振り返るパネル展など工夫を凝らした演出が保護者や友人らを楽しませた。
 バンドコンサートでは生徒4人が阿部真央さんの「ロンリー」など3曲を披露。ドラムを担当した生徒会長の菊池あすみさん(18)は「浪江高を忘れないでほしいという気持ちを演奏に込めた。悔いのない楽しい文化祭になった」と笑顔を見せた。
 同校OBで、いわき市から訪れた会社員加藤裕樹さん(22)は「後輩たちの頑張りに感動した。いつか母校が再開したら自分も力になりたい」と話した。

福島民報社

最終更新:6月19日(日)10時33分

福島民報