ここから本文です

レディオヘッド、リスニング・イベント襲撃に声明

BARKS 6月23日(木)8時35分配信

金曜日(6月17日)レディオヘッドが、世界各地のレコード店で彼らの最新アルバム『A Moon Shaped Pool』をライブ・ストリーミングするイベントを開いたが、トルコ・イスタンブールにあるレコード店が“ラマダン(断食月)中にアルコールを飲み音楽を聴いていた”と男たちの集団から襲撃された。

レコード店Velvet Indiegroundには20人ほどの男が押し入り、店内で音楽を聴いていた人達やスタッフを「この場を閉めなければ殺す、お前らを中に閉じ込め火をつける」などと脅し、暴行を加えたと伝えられている。Sky Newsによると、少なくとも2名が負傷し、警察は暴力を振るった3人を拘束したという。

これに対し、レディオヘッドは以下のような声明を発表した。「僕らの心は、今夜、イスタンブールのVelvet Indiegroundで襲われた人達と共にあります。僕らはいつか、このような狭量な暴力行為を振り返ったとき、それはもうはるか昔の出来事だと思えるような日がくることを願っています。いまは、イスタンブールにいるファンへ愛と支援を送ることしかできません」

また、翌日、市内でこの事件に対する抗議デモが開かれ、集まった人々は、ライフスタイルが異なる人へのテロだと訴えると同時に、イスラムの伝統を重んじる政府を非難した。

Ako Suzuki

最終更新:6月23日(木)8時35分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。