ここから本文です

DV相談391件 前年比17件増、過去2番目の多さ

宮崎日日新聞 6/19(日) 12:37配信

 県警に2015年に寄せられた配偶者らからのドメスティックバイオレンス(DV)の相談件数が391件(前年比17件増)、加害者の摘発件数は53件(同7件増)に上り、いずれも過去2番目に多かったことが18日、県警のまとめで分かった。DVへの社会的関心の高まりに加え、県警が被害者保護を最優先に摘発を進めていることが背景にある。

宮崎日日新聞

最終更新:6/19(日) 12:37

宮崎日日新聞