ここから本文です

22歳ティエム、格下にまさかの完敗で決勝進出ならず<男子テニス>

tennis365.net 6月19日(日)9時32分配信

ゲリー・ウェバー・オープン

男子テニスのゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハーレ、芝、ATP500)は18日、シングルス準決勝が行われ、第3シードのD・ティエム(オーストリア)は世界ランク192位のF・マイヤー(ドイツ)に3-6, 4-6の完敗で決勝進出とはならなかった。

錦織 ティエムに抜かれ5位に

この試合、ティエムはマイヤーのリターンエースやドロップショットなどに苦しみ、3度のブレークを許して1時間5分で敗れた。

22歳のティエムは、今シーズンにハード・クレー・芝の3つのサーフェスで優勝。全仏オープンではグランドスラム初のベスト4進出、大会後に発表の世界ランキングで初のトップ10入りを果たした。

一方、勝利したマイヤーは、決勝で19歳のA・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。ズベレフは準決勝で第1シードのR・フェデラー(スイス)をフルセットで破っての勝ち上がり。

32歳のマイヤーはこれまでツアー1大会でタイトルを獲得しており、世界ランキングでは2011年の18位が自己最高。また、芝と相性が良く、2011・2012年のウィンブルドンでベスト8へ進出している。

tennis365.net

最終更新:6月19日(日)9時35分

tennis365.net