ここから本文です

投票いきま書!高校生の筆が躍動 18歳選挙権適用、参院選を前に

福井新聞ONLINE 6月19日(日)11時21分配信

 18歳選挙権が福井県内で初めて適用される22日公示の参院選を前に、三国高と仁愛女子高の書道部が18日、福井市のJR福井駅で若者らに投票を呼び掛けるパフォーマンスを行った。はかま姿の部員が音楽や手拍子に合わせて勢いよくメッセージを書き上げた。

 県選管が企画した。両校とも縦2メートル、横7メートルの紙を使い、部員が代わる代わる筆を進めた。三国高が「投票日七月十日 家族みんなで選挙に行こう! 私たちの一票が福井を変える」、仁愛女子高は「未来を創る一票!」としたためた。作品を観客に披露すると大きな拍手が送られた。

 三国高部長の中本裕子さん(18)は「選挙のことはまだよく分からないが、自分の一票を大切にしたい。作品を見て同世代の人が一人でも多く投票に行ってほしい」と強調した。仁愛女子高部長の本山由佳さん(17)も「積極的に政治に関わり、未来をつくっていこうという思いを込めた。投票に行こうと思わせる迫力が出せた」と話した。

 両校の作品は20日から福井市のアオッサで展示する。

福井新聞社

最終更新:6月19日(日)11時21分

福井新聞ONLINE