ここから本文です

兵庫・手柄山中央公園、回転展望台を廃止の危機から救ったものとは

日刊工業新聞電子版 6月19日(日)16時3分配信

【極小粒子の潤滑油でスムーズな回転取り戻す】

 大成化研(兵庫県姫路市、松原賢政社長、079・293・2782)の潤滑油「ナノコロ」が、廃止の危機にあった回転展望台復活に一役買っている。手柄山中央公園(同市)の回転展望台は1966年に建設されたが、老朽化で異音が出始め回転が止まるように。動力部分のベアリングにナノコロを使うと、異音はなくなり、今もスムーズに回転している。

 純水にカーボンナノチューブを分散させた液と油を混ぜたナノコロは、粒子が3ナノ―15ナノメートル(ナノは10億分の1)と極小。ベアリングのわずかな隙間にまで入り込み「摩擦抵抗が少なく動きが良くなる」(松原社長)。

 スプレー缶タイプ「ナノコロオイルスプレー」も発売し、250ミリリットル入りで消費税込み価格は3456円。工作機械のドリル先に塗布すれば「裏バリも出ず、短時間で加工できる」(同)という。(姫路支局)

最終更新:6月19日(日)16時8分

日刊工業新聞電子版

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]