ここから本文です

キーズとストリコバが決勝進出 [バーミンガム/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 6月19日(日)10時52分配信

 イギリス・バーミンガムで行われている「AEGONクラシック・バーミンガム」(WTAプレミア/6月13~19日/賞金総額84万6000ドル/グラスコート)の準決勝で、第7シードのマディソン・キーズ(アメリカ)が第6シードのカルラ・スアレス ナバロ(スペイン)を3-6 6-3 7-6 (3)で下して決勝に進出した。

土居美咲は地元のコンタに敗れて初戦突破ならず [AEGONクラシック・バーミンガム]

 もうひとつの準決勝では、バーボラ・ストリコバ(チェコ)がココ・バンダウェイ(アメリカ)を2-6 6-4 6-3で破った。

 決勝で顔を合わせるキーズとストリコバは過去に3度対戦しており、2勝1敗でキーズがリードしている。キーズの勝利は今年5月のマドリッドとローマで、2度ともクレーコート上でのもの。グラスコートでの両者の対戦は初となる。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: BIRMINGHAM, ENGLAND - JUNE 18: Madison Keys of United States celebrates her victory during her women's singles semi final match against Carla Suarez Navarro of Spain on day six of the WTA Aegon Classic at Edgbaston Priory Club on June 18, 2016 in Birmingham, England. (Photo by Steve Bardens/Getty Images for LTA)

最終更新:6月19日(日)10時52分

THE TENNIS DAILY