ここから本文です

バス会社がバスによる東京鉄道ツアー実施 ツアコンは鉄道ファンおなじみ栗原・久野先生

乗りものニュース 6/19(日) 17:11配信

バスが便利な、知る人ぞ知る東京の鉄道名所を

 東京を中心に、定期観光バスなどの運行を行っているはとバスが、一風変わったツアーを実施しています。バスで東京の鉄道を楽しもう、という旅です。

「東京の歴史を訪ねる鉄道遺構の旅」と銘打たれたそのツアー、訪問するのは「築地場外線 銀座 最後の踏切」や「越中島支線」「東京都港湾局専用線」といった、知る人ぞ知る鉄道名所。鉄道でのアクセスがそう容易ではなく、バスでこそ巡りやすいポイントが濃縮されているのが、“バスで楽しむ鉄道ツアー”らしいところかもしれません。

 また、『徒然草』に「少しのことにも、先達はあらまほしき事なり」とありましたが、このツアーには“先達”がいるのも大きな特徴でしょう。鉄道フォトライターの栗原 景さんと、TV出演のほか観光電車「西武 旅するレストラン 52席の至福」などの自動車内放送も務める“女子鉄アナウンサー”久野知美さんが同行。見どころを教えてくれます。

 ツアーはすでに4月から5回実施されており、日程が追加されて残るは6月25日と7月9日、いずれも土曜日です。

「内容は回を重ねるごとにパワーアップしておりまして、お客様にはかならず満足していただけます!」(女子鉄アナウンサー、久野知美さん)

 参加は1人から可能で、代金は大人1人1万4500円。昼食に「鉄道発祥の地で列車食堂をイメージしたハンバーグの昼食(うれしいビール1杯付)」が用意されます。また、はとバスによると、鉄道ファンのみならず街歩きが好きな人にもオススメだそうです。

乗りものニュース編集部

最終更新:6/19(日) 21:05

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。