ここから本文です

マレーがチリッチを下して決勝へ [ロンドン/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 6月19日(日)12時0分配信

 イギリス・ロンドンで開催されている「AEGON選手権」(ATP500/6月13~19日/賞金総額180万2945ユーロ/グラスコート)の準決勝で、第1シードのアンディ・マレー(イギリス)が第5シードのマリン・チリッチ(クロアチア)を6-3 4-6 6-3で下して決勝に駒を進めた。

ウィンブルドンに向け、マレーがレンドルとタッグを再結成

 マレーはあと1勝で、今大会で5度優勝した初のプレーヤーとなる。1890年に大会が創設されて以来、4度優勝したプレーヤーはほかに4人おり、その顔触れはジョン・マッケンロー(アメリカ)、ボリス・ベッカー(ドイツ)、レイトン・ヒューイット(オーストラリア)、アンディ・ロディック(アメリカ)だ。

「大きな意味があることだ」とマレーは試合後に言った。「長年にわたり、多くの偉大なプレーヤーたちがこの大会でプレーしてきた。言うまでもなく、どの大会であれ何度も優勝するというのは難しいことだが、特にこの大会は毎年強い選手たちが出場している」。

 マレーは決勝で、第3シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)と対戦する。ラオニッチはバーナード・トミック(オーストラリア)を6-4 6-4のストレートで下して決勝進出を決めている。

 チリッチとの準決勝でマレーは試合の出だしから声を上げて自分を叱咤し、いくつかのラインコールに異議を唱える場面もあったが優勢に試合を進めていった。

 コーチのイワン・レンドル(アメリカ)が見守る中(レンドル自身、2度この大会で優勝したことがある)、マレーはチリッチにフォアハンドのミスを強い、ブレークを果たして2-1とリードとすると、次のゲームでは4つのブレークポイントを凌いでサービスをキープした。また5-3からラブゲームでふたたびブレークを果たし、マレーが第1セットを取る。

 第2セットのマレーはブレークポイントを凌いでサービスをキープして2-1としたが、チリッチは3-3からついにブレークを果たして4-3とリードとすることに成功した。マレーは次のゲームで手にした3つのブレークポイントをものにすることができず、フラストレーションを募らせることに。チリッチはそのまま突き進み、このセットを取って1セットオールと追いついた。

 しかし、第3セットのマレーはついに主導権を取り戻し、わずか2ポイントしか落とさずに3-0とリード。その勢いのまま、セットと試合を終わらせた。

 一方、ラオニッチは一度もトミックに深刻に脅かされることはなかった。サービスによってゲームは簡単に進み、4-4からの第9ゲームでラオニッチは4つ目のブレークポイントをものにして5-4とリード。最後は自分のサービスをキープして、第1セットを首尾よく取った。

 第2セットの出だしでラオニッチはブレークポイントを取り損ねたが、トミックのダブルフォールトのおかげもあり、第3ゲームでブレークに成功してスコアは2-1に。トミックは第8ゲームでブレークポイントをつかんで4-4と追いつくチャンスを手にするが、ラオニッチはそのチャレンジに打ち勝ち、今年3度目の決勝進出を決めた。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: LONDON, ENGLAND - JUNE 18: Andy Murray of Great Britain (L) shakes hands with Maric Cilic of Croatia after winning their semi final match on day six of the Aegon Championships at Queens Club on June 18, 2016 in London, England. (Photo by Richard Heathcote/Getty Images)

最終更新:6月19日(日)12時0分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。