ここから本文です

リオ五輪の男子セブンズ最終予選 ドイツ、香港などが8強入り!

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 6月19日(日)7時57分配信

 リオデジャネイロオリンピックへのラスト1枠をかけた男子7人制ラグビー(セブンズ)の世界最終予選が18日からモナコで始まり、プールステージで各組2位以上に入ったアイルランド、サモア、ドイツ、カナダ、ロシア、チリ、香港、スペインの8か国・地域が準々決勝進出で望みをつないだ。
 その一方で、ジンバブエ、トンガ、ウルグアイ、スリランカ、モロッコ、チュニジア、韓国、メキシコは8強入りを逃し、リオ五輪出場の道は断たれた。

日本代表、スコットランドとの第1戦は惜敗… 一時13人で奮闘

 準々決勝では、ワールドセブンズシリーズのコアチームであるロシアとカナダが激突し、プールDを全勝で1位通過した香港は今年のパリセブンズを制したサモアに挑む。そのほかは、アイルランド対スペイン、ドイツ対チリという組み合わせになった。
 19日にノックアウトステージがおこなわれ、優勝したチームが五輪出場権を得る。

最終更新:6月19日(日)7時57分

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]