ここから本文です

19歳ズベレフがグラスコートでフェデラーを倒す [ハレ/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 6月19日(日)13時0分配信

 ドイツ・ハレで開催されている 「ゲリー・ウェバー・オープン」(ATP500/6月13~19日/賞金総額170万610ユーロ/グラスコート)の準決勝で、19歳のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)を7-6(4) 5-7 6-3の接戦の末に倒して決勝に進出した。

錦織が故障で棄権 [ゲリー・ウェバー・オープン]

 フェデラーの今大会9度目のタイトル獲得への挑戦は、土曜日に終わりを迎えた。地元ドイツのライジング・スターは、彼のここまでの若いキャリアで最大の勝利を記録した。

 また、この大会ですでに8度優勝し、ディフェンディング・チャンピオンであるフェデラーを破ったズベレフは、今年初の決勝行きの切符を手に入れた。

 ズベレフは決勝でもう一人の地元プレーヤーで32歳のベテラン、フロリアン・マイヤー(ドイツ)と対戦する。マイヤーは準決勝で、第3シードのドミニク・ティーム(オーストリア)を6-3 6-4で下しての勝ち上がり。全仏オープン・ベスト4のティームは、先週のドイツ・シュツットガルトの大会でグラスコート初のタイトルを獲得したばかりだった。

 この結果はまた、グランドスラム優勝17回のフェデラーが今年はいまだタイトルなし、ということを意味する。フェデラーは今年、膝の手術を受け、また背中の故障のために全仏オープンをスキップすることを余儀なくされていた。

 フェデラーが今大会で決勝に進めなかったのは、11年連続で出場する中で初めてのことだ。フェデラーはここで8度優勝しているが、それ自体がすでに最多記録となっている。

 勝ったズベレフは驚きを隠しきれない様子で、「まだ実感がつかめていない」と言った。「ここに今、勝者として立っているなんて、昨日には想像できなかったことだ」。

 ズベレフはフェデラーがツアーでデビューしたとき、まだ1歳だった。彼はフェデラーを倒した10年ぶりの十代選手となった。それは2006年のシンシナティの大会で、フェデラーがアンディ・マレー(イギリス)に敗れたとき以来のことととなる。

 世界ランキング38位のズベレフは、ツアーでもっともランキングが高い十代選手でもある。彼は5月にクレーコートのローマの大会で初めてフェデラーと対戦し、そのときは3-6 5-7のストレートで敗れていた。

 第1セットは、双方が一度もブレークポイントに直面することなくタイブレークに突入した。ズベレフはそこでサービスエースでセットポイントをつかむと、それを一発でものにした。

 セットを失ったフェデラーはそれまで、15セットを連続で獲得していた。

 第2セットのフェデラーは、5-5から最初のブレークを果たす。フェデラーが巧みにドロップショットを放つと、ベースラインで滑ったズベレフはそれに追いつけなかった。

 第3セットはズベレフが3-2からブレークを果たした。フェデラーのバックハンドがサイドアウトして、これでスコアは4-2に。ズベレフはトータルで8本のサービスエースを含む39本のウィナーを決め、直面したブレークポイント7本のうち6本を凌いで試合を締めくくった。最後のポイントはサービスエースだった。

 ズベレフとメイヤーは日曜日に、2011年以来となる地元ドイツ勢同士の決勝に挑む。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: HALLE, GERMANY - JUNE 18: Alexander Zverev (L) of Germany hugs Roger Federer of Switzerland after winning his half final match during day six of the Gerry Weber Open at Gerry Weber Stadium on June 18, 2016 in Halle, Germany. (Photo by Thomas Starke/Bongarts/Getty Images)

最終更新:6月19日(日)13時0分

THE TENNIS DAILY