ここから本文です

マレー 苛立ちで線審に文句も、最多Vに王手<男子テニス>

tennis365.net 6月19日(日)12時50分配信

AEGON選手権

男子テニスツアーのAEGON選手権(イギリス/ロンドン、芝、ATP500)は大会6日目の18日、シングルス準決勝が行われ、第1シードのA・マレー(英国)が第5シードのM・チリッチ(クロアチア)を6-3, 4-6, 6-3のフルセットで下し、大会史上最多5度目の優勝へあと1勝と迫った。

AEGON選手権 対戦表

1890年から開催されている歴史あるAEGON選手権。これまでの最多優勝は4度で、それはJ・マッケンロー(アメリカ)、Bo・ベッカー(ドイツ)、L・ヒューイット(オーストラリア)、A・ロディック(アメリカ)、マレーが記録していた。

この試合、マレーはほぼスタートからイライラを募らせ、線審のコールにも文句を言う場面が多々見られたが、徐々に試合の主導権を握った。

AEGON選手権で2度優勝している元世界ランク1位のI・レンドル(アメリカ)がコーチとして見守る中、マレーは第3ゲームでチリッチのフォアハンドのミスを誘ってブレークし、ゲームカウント2-1とリード。続くゲームで4度のブレークピンチを切り抜け、第9ゲームではラブゲームで2度目のブレークに成功してこのセットを先取した。

第2セット、マレーは第7ゲームでこの試合初めてチリッチにブレークされ、ゲームカウント3-4とリードを許した。続くゲームで3度のブレークバックのチャンスを逃したマレーは、フラストレーションを露にした。

勝敗を決めるファイナルセットでは、2012年のAEGON選手権チャンピオンであるチリッチにゲームカウント3-0とリードして主導権を握り、1時間58分で勝利を決めた。

マレーは決勝戦で、B・トミック(オーストラリア)を6-4, 6-4で退けた第3シードのM・ラオニチ(カナダ)と対戦する。

(STATS - AP)

tennis365.net

最終更新:6月19日(日)12時50分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]