ここから本文です

清武に続き、酒井も移籍へ フランスの名門と契約間近と仏メディアが報道

theWORLD(ザ・ワールド) 6月19日(日)4時13分配信

昨季13位のチームを復活させられるか

ハノーファーに所属する日本代表DF酒井宏樹はフランスのマルセイユへの移籍が近づいているようだ。

昨季はブンデスリーガ最下位に沈み、降格を余儀なくされたハノーファー。それだけに主力選手であった清武やツィーラーなどはすでに移籍を発表しており、酒井もそれに続くと考えられていた。そして新天地としてマルセイユが濃厚だとフランス『RMC』は伝えている。

同メディアによると、すでに話し合いは進んでおり、23日にはメディカルチェックが行われるようだ。また、今夏で酒井はハノーファーとの契約が切れるため、移籍金は発生しない。

まだまだ26歳と伸び盛りの年齢だけに、次々と優秀なアタッカーが現れるリーグアンで戦うというのは悪くない選択だろう。昨季は13位と沈んだ名門チームを復権させ、代表にも経験を還元してほしいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月19日(日)4時13分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。